カードローンの申し込みを行なう際には、消費者金融だけでなく銀行も選べます。しかし、即日審査に対応している金融業者が増えたとしても、即日融資まで行っている会社はさほど多くない現状があります。

 

なぜなら、無担保ローンの審査は銀行よりも消費者金融が得意とする分野となっているので、同じ即日審査であっても消費者金融の方が審査時間が短くなる傾向にあるからです。

 

消費者金融は、総量規制による貸付金額制限があるので、審査段階で個人信用情報機関に登録されている信用情報から貸付可能額の上限を速やかに計算します。

 

改正貸金業法が完全施行されて以降、貸しすぎの状態に陥らない工夫がされているので、主に現在の収入状況と総量規制に問題なければ、そのまま審査に通過する傾向が高まっています。

 

即日融資を受けるためには、振込融資または専用ローンカードを即日受け取るする必要があるので、自動契約機コーナーまたは窓口申し込みが出来る消費者金融が有利なことは確かです。

 

銀行カードローンでも振込融資を受けられますが、銀行営業時間は短いので、振込可能な締め切り時間も必然的に短くなります。消費者金融ならば、自動契約機で直接契約することも可能な分だけ、即日融資を受けやすいわけです。