消費者金融には、大手から中小に至るまで全国に様々な会社が存在します。大手消費者金融では、窓口業務を無くして全国に設置した自動契約機による申込受付とインターネット経由での受付に注力しているので、窓口で直接対面して審査を受ける機会は減っています。

 

専用キャッシングカード発行まで即日で行えれば、コンビニエンスストアに設置されている提携ATMにて融資を受けられるので、基本的に大手消費者金融ならば即日融資を受けやすい環境です。

 

一方、中小消費者金融では、地域限定営業を行っている会社が大半ですから、インターネット経由での受付を積極的に展開している消費者金融以外は窓口申込が主流です。

 

自動契約機を設置するためには、審査部署を大規模に用意して自動契約機設置数を増やさないと採算が取れません。中小消費者金融が自動契約機を設置しない最大の理由が、申込数と審査難易度の違いにあるわけです。

 

中小消費者金融へ申込みに来る利用者は、既に他社借入があったり、大手消費者金融の審査に落ちている人が中心です。審査時間が多く掛かると予想されるだけでなく、杓子定規な審査を行ってしまうと審査落ちに繋がりやすい人が多いでしょう。

 

そこで、窓口申込みならば、審査が難航した時にすぐに対面で追加情報を審査担当者が聞けるので、ギリギリの審査を突破出来るチャンスがあります。