キャッシングの申込みを行なう際には、借りられるかどうかを重視する傾向にあります。しかし、最も重要なことは、同じ金額を借りても返済方法次第で総返済額に大きな違いが出ると知っておくことが大切です。

 

例え年率が同じであっても、毎回の返済額に対する内訳を確認しなければ、元金返済額が少なくなっている可能性があります。利息計算を行なう時には、借入残高と年利が基準となるので、毎回の返済額が少なければ同じ年率であっても借入残高は多いままとなります。

 

借入残高が多い状態が続けば、返済回数が伸びることになるので、最終的に支払う総利息が増えてしまいます。

 

年利は期間に比例して返済総額を押し上げることになるので、キャッシング申込みをする際には、毎回の返済額のうち元金返済額が大きなカードローンを選ぶと良いです。

 

もし、最小返済額のみが指定される残高スライドリボルビング方式のカードローンしか見つからなければ、随時返済を行いやすいカードローンを選択しておくと良いでしょう。

 

なぜなら、随時返済により返済した金額は、全て元金返済に充当されるからです。元金を早期に減らすことが出来れば、完済が早まるだけでなく、同時に返済総額も減らす効果が見込めます。