プロミスのキャッシングを対面や対人での申込みを避けたくてネットで申込みをしたとしても、電話がかかってくる場面は避けられなかったりします。せっかくネットで申込みをしたのになんで?と思われる方もいると思いますが、審査の過程、契約の確認として電話でのやりとりは必要になってしまいます。ではどのような状況で電話がかかってくるのでしょうか。

 

まずは、審査の途中で「在籍確認」の電話が会社にかかってきます。これは申込者が申告した就労先で本当に働いているかを確認する為のものです。申し込み時に間違った勤務先を書いたり、転職前の勤務先を書いたりするケースが多くみられるようで、また中には虚偽の申告をする場合もあるようなんです。審査において「在籍確認」は最重要事項でもありますのでマストで行われます。キャッシングをしていることが会社に分かってしまうのではないか?と言った不安な声が聞かれますが、そこはまったく心配する必要はありません。

 

プロミスの在籍確認は必ず個人名で電話をするようになっています。またその電話をご自分で受けられるように、在籍確認の電話をする時間帯の相談にものってくれたりします。もう一つの電話は、在籍確認がとれて審査に通過したあとに、申込者本人の携帯電話に審査を通過した旨と契約内容の確認の為に電話が入ります。これはプロミスのオペレーターがその後の手続きの仕方などを丁寧に説明してくれる電話なので、逆に不安点や質問があるようでしたらどんどん質問をして活用しましょう。申込みをした時にプロミスからかかってくる電話はこの2つだけです。どちらも最低条件であり、必須事項ですので、しっかりと覚えておきましょう。