おまとめローンのデメリットとは

おまとめローンとは多重債務者向けの借り換えローンのことで、ローンを一つにまとめることで何日もあった返済日を1日にすることができたり、金利を低くすることができるローンです。

 

おまとめローンは一見利用者にとってローンおとくなローンに見えますが、利用方法を間違えると逆に損をしてしまうケースもあります。おまとめローンの失敗として多いのが、おまとめローンにしたことによって逆に金利が高くなってしまうということです。

 

消費者金融では利息制限法で100万円以上の借り入れの場合は上限金利を15%まで下げなくてはいけないのですが、100万円未満のおまとめローンに関しては18%の金利が適用されてしまうので、ローンをまとめることができても高金利になってしまうというわけです。

 

金利が高くなると、返済金額も当然増えてしまうのでこれはおまとめローンの失敗となるわけです。また、金利が低くなっても返済総額が多くなってしまうというケースもあります。

 

金利の低いところでおまとめできたとしても、月々の返済額を減らしてしまうと支払いの期間が長くなってしまうので、結局金利は多くなってしまい返済総額が増えていたということもあります。

 

おまとめローンを利用するときにはおまとめローンのデメリットもしっかり理解してから利用するようにしましょう。