冠婚葬祭などにより、突発的な出費が重なってしまうケースは少なからずあります。特に結婚式の招待が重なることもあり、大きな出費を経験した方もいる筈です。このような場合、キャッシングにより不足している分を一時借り入れるということは非常に便利であり、大助かりになります。

 

ですが、突発的かつ少額の借り入れに限定するのであれば、銀行や消費者金融カードローンを契約するよりも、クレジットカードのキャッシング枠を契約した方が良いこともあります。キャッシング契約を銀行や消費者金融で行った場合、審査が必要になることや返済先が増えることとなります。

 

また、銀行や消費者金融からの借り入れを将来的におまとめローンするよりも、クレジットカードのキャッシングを借り換えするといった方がメリットとなるケースも生じてきます。金融商材の契約が増える程、返済管理が煩雑になり、返済遅延のリスクを生じさせてしまいます。

 

しかし、クレジットカードのキャッシングを利用すれば、1社だけで管理が行えるだけでなく、ポイント還元などによるサービス面での優遇も受けられ、トータル的にお得に利用することも可能です。少額のキャッシング契約を検討されている方は、所有するクレジットカードにキャッシング枠を追加した方が契約手続きの手間も少なくなります。